ミャンマーのほか東南アジアへの進出をサポートしています。 > ビルマ語 > ビルマ語の学習に関する情報

ビルマ語の学習に関する情報

オンライン学習サイト

ミャンマー語をオンラインで勉強できるサイトがあります。
単なる紹介だけです。内容の善し悪しについてはわかりません。

COOL ASIA
http://coolasia.jp/index.html

オンラインTCC
http://www.thaigo-club.com/online/index.html


語学教室

大阪でグループまたはマンツーマンの講座があります。

西日本ビサセンター
http://www.mmrvisacentre.sakura.ne.jp/gogaku.html


ミャンマーの語学教室

Burmese・English tutor
http://myanmar-teacher.com

 

「ビルマ語独習コンテンツ」を見つけた

大阪大学のサイトにありました。

http://el.minoh.osaka-u.ac.jp/flc/bur/lesson01/01.html

iPadで録音してMacで部分再生する方法

外国語の学習では、聞き取れなかった特定のフレーズを繰り返し聞いて聞きながら一緒に言ってみるというのが必須です。

そこで、講座でiPadに録音し、Macで繰り返し学習する方法を見つけました。ベストの方法ではなくて少々面倒ですが無料でできます。

まず、iPadに音声録音のアプリは標準で入っていません。無料のQuick VoiceをApple Storeからインストールします。起動すると、大きな録音ボタンがあるので、それをタッチすれば録音できます。タイトルを選んで「再生」をタッチすると再生できます。とても手軽です。

このソフトにはMacに転送する機能はありませんので、転送する為にMacのiTunesを起動してバックアップを取ります。そして、以下からダウンロードしたQuick Voice Syncというソフトを起動して、iTunesのバックアップファイルから取り出します。

http://www.nfinityinc.com/QuickVoiceSyncMac.zip

取り出したファイルは、「書類(Document)」の「QuickVoice」の下にありますので、以下のコマンドで変換します。

afconvert -f AIFF -d BEI16 xxxxxxxx.caf xxxxxxxx.aiff

次に、Wave Padを以下からインストールして、変換したファイルを開きます。

http://www.nch.com.au/wavepad/jp/index.html

 

まとめると、以下の必要ソフトをダウンロード&インストールします。

  1. QuickVoice (iPad)
  2. QuickVoiceSync (Mac)
  3. WavePad (Mac)

以下の手順で行います。

  1. iTunesでMacにバックアップを取る
  2. QuickVoiceSyncで音声ファイルを取り出す
  3. afconvertコマンドで変換する
  4. Wave Padで開いて再生する

もちろん全体を聞き流すだけなら変換は必要ありません。