ミャンマーのほか東南アジアへの進出をサポートしています。 > ビルマ語 > パソコンでビルマ語 > ビルマ語のWebフォントを試してみる

ビルマ語のWebフォントを試してみる

フリーで使えるビルマ文字のWebフォントを入手

ビルマ語のフォントはWindows7には入っていないので、ビルマ語のホームページを表示するには、フォントもサーバーからダウンロードしなくてはなりません。ブラウザにはその仕組がCSSの仕様として組み込まれています。そこで、実際にその仕組を使ってビルマ語が表示できるページを作ってみました。

まず必要なのは、Webフォントとしてフリーで使えるフォントです。

以下のMyWebFontというサイトをたどれば、5種類のビルマ文字フォントがダウンロードできます。

http://mywebfont.appspot.com/

2012年9月30日に、"mm3_05-jan-2011.zip"が、ダウンロードできました。解凍すると、"mm3_05-Jan-2011.ttf" が出てきますので、このファイルをWebサーバーにコピーします。

Myyanmar3 (MyanmarNLP) というフォントは、以下からダウンロードできます。

Myanmar Unicode and NLP Research Center
http://myanmarnlp.org.mm/

MyMyanmarUniversalFont (MyMyanmar) というフォントは、以下からダウンロードできます。

http://www.mymyanmar.net/Download.php

2012年9月30日に、"MyMMLNG2010.exe"がダウンロードできました。このファイルを実行すると、Windows内にインストールされます。

Yunghkio (Sai Di)というフォントは、以下からダウンロードできます。

http://www.yunghkio.com/unicode/

2012年9月30日に、”yunghkio.ttf”と”yunghkio1.1.1.ttf”がダウンロードできました。そのままサーバーにコピーします。

あと2つは、ページが開きませんでした。

フォントが使えるようにHTML(CSS)を設定

<head>タグ内に、フォントをダウンロ-ドさせるための設定を記述します。

----
<style>
@font-face {
    font-family: 'Mye';
    src: url('/mm3_05-Jan-2011.ttf') format('truetype');
}
p {
    font-family: 'Mye';
}
</style>
----

<body>タグに、ビルマ文字のコードを書き込みます。

----
<p>&#4117;&#4100;&#4154;&#4121;&#4101;&#4140;&#4121;&#4155;&#4096;&#4154;&#4116;&#4158;&#4140; </p>
----

以上でOKです。以下のように表示されます。

課題

以上で、ビルマ文字を表示するサイトを作ることができますが、実は、どうやってビルマ文字を入力するかが課題です。

私が通常使っているテキストエディタでは、HTMLタグの英文字とコンテンツ文字のビルマ文字の混在ができませんでした。上記のサンプル文字は、ビルマ文字のサイトの文字をコピペしたものです。