カテゴリー別アーカイブ: 中小企業

大阪の中小企業を対象としたアセアン地域への企業進出のセミナーに参加

2015年6月3日、大阪で開かれたセミナーに参加した。

IMG_0964

「第4回 アセアン地域における企業戦略構築セミナー」というのに参加した。もう4回目だが私は初めて参加した。今回のテーマは、「ASEAN経済統合で急成長するメコン経済圏をベトナムから狙う! アセアン経済共同体で変わるアセアン事業環境とわが社の事業戦略」という長ーい名称だ。

最初に、「日本アセアンセンター」の中西氏からアセアン経済統合についてポイントがわかりやすい講演があった。

二番目は、大阪の中小企業の進出支援を行っている「みなとコンサルティング」からベトナムを中心とした公園があった。

最後には、東大阪の三栄金属製作所(従業員60名の中小企業)が実際にベトナムに進出した経験談の講演があった。

まず主催者のあいさつで、日本の元気のなさを東南アジアの力を借りて元気になろうという主旨の話があった。続いて中西氏から、以下の話があった。

1.EUは国の上に組織があって、EUの決定には各国は従うのが原則な組織だが、ASEANは各国が上で、ASEANは事務局に過ぎない。

2.EUでは各国のGDPの差は数倍程度だが、アセアンでは60倍も違う。

3.関税撤廃というのは、アセアン国内で作った製品についてであり、アセアン国外からの輸入については従来通り関税はかかる。

4.東南アジアの国々は日本が歩んできたように発展する側面もあるが、日本の30年前になかったものがあっての発展であるから違う順番で発展することを留意して分析する必要がある。

5.安い人件費を期待して製造の場として進出、高い購買力を期待しての販売の場としての進出もできる。

6.貧困国だがパイは少ないが富裕層もかなりいるので、富裕層を狙うのもよし、6億の人を狙うのもよしどちらでも可能性がある。

みなとコンサルティングの畑野氏からはベトナムの事情についての話であったが、最後にアセアンではないが、バングラデェシュの縫製業がいいとの説明があった。

縫製工場はミャンマー200工場、カンボジアの438工場に対し、バングラデシュでは5,600工場があるんだそうだ。ただし80%が欧米で、日本はユニクロが一社出ている程度という。

膨大な人口と劣悪な作業環境の向上ばかりということもあり、いろいろ難しいけれども、縫製関連の会社はぜひ検討してくださいとのことだった。

最後の三栄金属の山下社長は、冒頭に、人手不足から不安ながらもベトナム人を2人雇ってみたという。この2人はとても優秀で、過去に日本人を雇ったが、彼らは「言われたことしかしない」というのだ。それに比べてベトナム人は、いわなくても工夫しどんどん進めてくれるので、心配はすぐに払拭されたという。その後、他社からの要望で、ベトナム人技術者を2人受け入れたら、2人ともすこぶる優秀で、数か月で金型機のプログラムをマスターしたという。そんなことから5年後にはベトナムに進出することにしたという。
資金繰りで困っていたが、JBICと南都銀行の融資を受けることができたという。

このセミナーは3つともわかりやすいいいセミナーだった。

インドネシア視察に出発(飛行機内で)

利用した飛行機は、ガルーダ・インドネシア航空だ。インドネシアで一番大きい航空会社である。ガルーダとはヒンズー教の神様だそうだ。インドネシアでは80%以上がイスラム教徒だが、昔根付いていたヒンズー教も歴史的に尊重されているそうだ。

タイのバンコク行きは、2階建の巨大な飛行機(ジャンボかな?)でごった返す中、我々のジャカルタ行きはぱらぱらだ。小さい飛行機かと思えばそうでもない。エアバスA300だから席は横に7人乗れる。かなり空いていて、私は窓側を取ったが横は空いている。7時間のフライトはしんどいかなと思ったが空いていたので楽だった。

DSC09319

 

上空でシートベルトのサインが消えたらまず配られたのが睡眠グッズ。アイマスクと耳栓、そしてなぜか靴下のセットだ。え!、エコノミーですよ。現役時代にビジネスクラスに乗った時にはもらったが、エコノミーで貰ったのは初めて。実は私は睡眠グッズはなくてもよく寝るので要らないが、なんだか嬉しかった。

DSC09322

今度はウエットティッシュと水が配られた。水の配布にも感激。別に飲みたかったわけではないが。

DSC09327

今度は飲み物だ。日本の朝日ビールもあったが、インドネシアのビールらしき「ビンタン」ビールを飲んだ。あとで聞いたらやっぱりインドネシアでは一番ポピュラーなビールらしい。

DSC09328

今度は昼食、といってももう3時頃、日本食とインドネシア料理が選べたが、迷わずインドネシア料理を選んだ。左のカップには鶏がらスープが別途入れてくれた。ビンタンビールも追加でもう一本。メインの料理はカレーのようだが薄味で美味しかった。

DSC09331

着陸前はアイスクリームとコーヒーが出てきた。

DSC09332

ゆったり食べて飲んで、ガルーダ・インドネシア航空は、とても良かった。
最近長距離の飛行機は、エコノミーでもそんなんですかね。現役時代にサンフランシスコから日本にエコノミーで帰った時、狭い席で、まずい食事が2回出ただけの記憶があります。

ところでなぜ私はLCCでないガルーダ・インドネシア航空を選んだか。
実はLCCも調べた。エアアジアはクアラルンプールで乗り継ぎ、セブパシフィックはマニラで乗り継ぎ、キャセイパシフィックは香港で乗継、ベトナム航空はホーチミンで乗継、中国南方航空は、広州で乗継、いずれも6割ぐらいで安いのだが、いずれも中継地で12時間ぐらい待たないといけないので、2日がかりだ。しかも到着時間が夜遅くだっり早朝だったり。結局、ちっと高いが直通で到着時間も妥当なガルーダ・インドネシア航空を選んだのです。でもちょっとしたことですが、良かったですね。次回も使いたいと思いました。

インドネシア視察に出発(台風と飛行機)

2014年10月6日の深夜に台風が通過、朝5時頃強い風の音で目が覚めた。飛行機が飛ぶかなあと心配しつつ出発の準備をした。今日はインドネシア視察ツアーの出発日なのだ。

飛行機は離陸さえすれば台風の上を飛ぶので、多少飛行機が揺れる程度で関係ないらしいが、離着陸は当然影響がある。聞くと、国内線は一日に4往復とかするので、台風が来ると一日の時間が読めないので、欠航になるらしい。しかし国際線は一日に1本とかが多いので、その日のうちに飛べばいいということで、風の強い時間帯を避けて飛ぶらしい。実際欠航になると払い戻しをしないといけないので、よほどのことがない限り欠航にはならないらしい。その代わり大幅に遅れることはある。

今回、台風は早朝に関西を通過したので、1時間の遅れで済んだ。1時間の遅れの原因は、日本に台風が来ているとのことで、日本への到着が1時間遅れるように出発したらしい。だから到着後、約40分で出発したが、出発も一時間遅れたというわけだ。

悲惨なのは東京からの出発組。関西を台風が通過したのは早朝だから東京方面は昼ごろ通過だ。だから風が弱まる夕方に出発となったらしい。6時間の遅れだそうだ。夕方には着くはずの便が、夕方の出発となったわけだ。飛行時間が7時間だから到着は深夜12時前後ということだ。

天気はどんよりしていたが、上空では青空だ。当たり前ですが。

DSC09320

「中小企業のためのクラウド活用入門」というセミナーに参加した

クラウドについては、雑誌やネットで見て知っているつもりだが、専門家によるきちっとした話は聞いたことが無かったので参加してみることにした。

前半はクラウドサービス全般の紹介と中小企業ほど活用のメリットがある旨の説明があり、後半は、GoogleAppsという統合サービスについて、具体的な説明があった。実際にいくつかのサービスは使っているので、後半は特に新しく得た情報は無かったが、前半はいくつか参考になる情報が得られた。

IMG_0016

一つは、電力事情が悪く停電の多い東南アジアでサーバーを設置するのは難しいと感じていたので、サーバーを持たなくていいクラウドサービスは東南アジアでは非常に有効なサービスであることを実感したこと。

よくわからない経営者に説明の比喩として、自社内にサーバーを持つことは、電気の場合で言えば自家発電機を持つような物であること、電気も初期段階では各工場に自家発電機があったが、電気が安定供給されるようになったら特別な工場を除いて自家発電機は持たなくなった。クラウドも同様で、最初は自社で管理していたが、いまはクラウドというサービスが安定的に提供されているので、遅かれ早かれクラウドの利用が普通になってしまう。という説明は分かりやすいのではないかと感じさせられました。

講師をしていた会社は奈良県に本社を置く会社で、奈良県内の中小企業にクラウドなどIT化のサポートを行っているようだ。東南アジアへの進出について聞いたら、まだなにも着手していないが、考えているとのことだった。今後、何かと関係が持てそうだと感じた。

中小企業でもODA予算が主体的に使える

「平成25年度 中小企業海外展開支援事業に関する説明会」がJICA関西にて行われたので参加した。

このような説明会には初めて参加したが、外務省、経済産業省が同じ説明会で入れ替わって説明されたのが最初に驚いた。最近は省庁をまたがっての説明会も普通なんでしょうか?

最初の外務省の話は、ODAの予算を、中小企業が自社製品を使っての提案をすれば、中小企業が主体的に使えるようになったとの話だ。今年度24年度が初めてで、来年度(2013年)は2年目となり、総予算は2倍の40億円だ。24年度の模範的な事例として横浜の中小企業の紹介があった。
この会社は汚泥処理のシステムをフィリピンに導入することでフィリピンの衛生状態の向上に役立ち、汚泥処理のシステムを製造することで横浜の複数の企業の仕事が増えるというものだ。フィリピンにも日本国内にもいい結果をもたらす事業として採択されたとのことだ。

2番目は、経産省の話で、新しい販路を海外に求めることの支援、海外で販売するための支援、海外進出の事業計画の作成支援が、従来製造業だけだったがサービス業にも適用されるようになったとの説明があった。

3番目は、JETROの話で、海外進出にあたってのその国についての情報提供のサービスについての説明があった。

4番目は、中小機構の話で、海外進出に関するコンサルを無料でしてくれるとの紹介がありました。何度行ってもいいそうですので、うまく活用すれば有益だと感じました。

 

 

高く売れるものは補助金が貰える

高く売れるものには高い付加価値がある、今後の日本のもの作りのキーワードだ。

安いものは日本で作れない。これからは高く売るように考えて行かなくてはならない。来年度の中小企業に対する補助金は、すべてこの高付加価値商品に対してのものだった。

内容は、1番目は、高付加価値な商品開発と既存商品のブランド化を行うという事業に対して補助金が出る。2番目は、ニューヨークと東京の見本市のブースに商品を出店できるサービス。3番目は、指定された場所に開発研究所を立地すれば補助金が出る。4番目は、自社商品のブランド化を行うための相談を受け試作して売ってみることに対する補助金。5番目は、高付加価値な商品とするための商品企画のサポートと試作までの補助金。6番目は、設備導入すれば海外に出ている生産設備を日本に戻せるなら補助金を出しましょう。7番目は、設備導入で生産コストが下がるならその設備導入に補助金を出しましょう。

以上のように、高付加価値商品の発掘と、空洞化の対策については相当な補助金が出ることがわかりました。

GEDSC DIGITAL CAMERA