カテゴリー別アーカイブ: バングラデシュ

大阪の中小企業を対象としたアセアン地域への企業進出のセミナーに参加

2015年6月3日、大阪で開かれたセミナーに参加した。

IMG_0964

「第4回 アセアン地域における企業戦略構築セミナー」というのに参加した。もう4回目だが私は初めて参加した。今回のテーマは、「ASEAN経済統合で急成長するメコン経済圏をベトナムから狙う! アセアン経済共同体で変わるアセアン事業環境とわが社の事業戦略」という長ーい名称だ。

最初に、「日本アセアンセンター」の中西氏からアセアン経済統合についてポイントがわかりやすい講演があった。

二番目は、大阪の中小企業の進出支援を行っている「みなとコンサルティング」からベトナムを中心とした公園があった。

最後には、東大阪の三栄金属製作所(従業員60名の中小企業)が実際にベトナムに進出した経験談の講演があった。

まず主催者のあいさつで、日本の元気のなさを東南アジアの力を借りて元気になろうという主旨の話があった。続いて中西氏から、以下の話があった。

1.EUは国の上に組織があって、EUの決定には各国は従うのが原則な組織だが、ASEANは各国が上で、ASEANは事務局に過ぎない。

2.EUでは各国のGDPの差は数倍程度だが、アセアンでは60倍も違う。

3.関税撤廃というのは、アセアン国内で作った製品についてであり、アセアン国外からの輸入については従来通り関税はかかる。

4.東南アジアの国々は日本が歩んできたように発展する側面もあるが、日本の30年前になかったものがあっての発展であるから違う順番で発展することを留意して分析する必要がある。

5.安い人件費を期待して製造の場として進出、高い購買力を期待しての販売の場としての進出もできる。

6.貧困国だがパイは少ないが富裕層もかなりいるので、富裕層を狙うのもよし、6億の人を狙うのもよしどちらでも可能性がある。

みなとコンサルティングの畑野氏からはベトナムの事情についての話であったが、最後にアセアンではないが、バングラデェシュの縫製業がいいとの説明があった。

縫製工場はミャンマー200工場、カンボジアの438工場に対し、バングラデシュでは5,600工場があるんだそうだ。ただし80%が欧米で、日本はユニクロが一社出ている程度という。

膨大な人口と劣悪な作業環境の向上ばかりということもあり、いろいろ難しいけれども、縫製関連の会社はぜひ検討してくださいとのことだった。

最後の三栄金属の山下社長は、冒頭に、人手不足から不安ながらもベトナム人を2人雇ってみたという。この2人はとても優秀で、過去に日本人を雇ったが、彼らは「言われたことしかしない」というのだ。それに比べてベトナム人は、いわなくても工夫しどんどん進めてくれるので、心配はすぐに払拭されたという。その後、他社からの要望で、ベトナム人技術者を2人受け入れたら、2人ともすこぶる優秀で、数か月で金型機のプログラムをマスターしたという。そんなことから5年後にはベトナムに進出することにしたという。
資金繰りで困っていたが、JBICと南都銀行の融資を受けることができたという。

このセミナーは3つともわかりやすいいいセミナーだった。

世界の投資誘致策事情交流会に参加(バングラデシュ)

「世界の投資誘致策事情」という交流会に参加した。開発途上国政府の若手が日本に、自国に投資を誘致するための研修の為に来日していて、その研修の一つとして日本の企業との交流会である。

前半は、バングラデシュ、スリランカ、パキスタンの方と同席した。

バングラデェシュは国内に8カ所の経済特区(EPZという)がある。縫製やIT関連ではやは首都のダッカ近郷のEPZが適しているらしい。

イスラム国であるが、ミャンマーに近い「コンノプリーEPZ」は仏教徒の多い場所だから仏教徒の従業員を求めるなら「コンノプリーEPZ」が適している。

頻繁に洪水が起こる地域は西南部でありそれ以外の場所は問題ないそうだ。西南部の「モングラーEPZ」は対策はしていると思うが注意が必要だ。

下の写真は、私とバングラデシュ投資委員会、戦略部、副部長のSyeda Nahida Habiba(ナヒダ)氏だ。

今回の交流会とは直接関係ないが、このナヒダさんが着ている服は写真では分かりにくいがすごい服だ。赤い部分は2重になっていて表地は透けた部分があり下の布地が見えるようになっている。つまり2枚の合わせ柄の服だ。近くで見ると細かい刺繍がびっしりとある。頭や腕の黒い部分も刺繍がある。日本の高級な着物並の品質だと思った。

バングラデシュは人件費の安さを利用した安物の服の生産地として有名だが、現地デザイナーによる高級服は今後伸びると思った。

IMG_0006

バングラデシュの現地ツアー会社を探してみた

現地ツアーを調べてみました

Jaba Tour
代表は日本語が使えるようですが、担当者にはひらかなでないと通じません。英語でのやりとりになります。
http://www.jabatour.com/

The Guide Tours Ltd.
価格表が載っているので安心そうだ。最初にロケットストリーマーの写真が見え、ロケットストリーマーを含むパッケージツアーがあった。
http://guidetoursbd.com/

The Bengal Tours Ltd.
日本語のページがあります。たぶん日本語のメールで通じます。
http://www.bengaltours.com/

Tours Bangladesh
パッケージツアーが分かりやすい。
http://www.toursbangladesh.com/

Dhaka Holidays
パット見た感じでは大きな会社の雰囲気。
http://www.dhakaholidays.com/

Discovery Bangladesh
http://www.discoverybangladesh.com/

バングラデシュを調べ始めた

ミャンマーの西隣に、ミャンマーと同様に急速な成長がなされているバングラデシュがある。ここはミャンマーブームの陰であまり話題になっていない。

私が興味ある国、ミャンマーの隣なのでやっぱり一度は訪問しておきたいと思って調べ始めた。

実は昨年、JAICAのシニアボランティアの要請リストにバングラデシュの政府機関がコンピュータシステム導入の支援の案件があり申し込んだ。英語のスキルが要請条件を満たしていないことと、そんなに深刻なことではないが健康診断で生活習慣病の結果があったことが理由で落選の連絡を受けていた。

一昨年、CS放送の番組で、日本の早稲田大学の学生が現地で、ダッカ大学への入学支援(ドラゴン桜)をやる会社を立ち上げた話を聞いていた。
バングラデシュで“ドラゴン桜”、貧困学生がエリート大に合格

もっともっと昔には、「東パキスタン」と呼ばれていてその後独立し、そのころ支援目的の「バングラデシュ、バングラデシュ。。。」と繰り返す歌をビートルズ(だっか?)かが歌っていたことがあったなあと思い出す。

知っているのはそれくらいだ。とりあえず観光旅行に一週間行ってみるつもりだ。