カテゴリー別アーカイブ: スリランカ

アリヤラトネ博士の講演会に参加してみた

2009年に朝日ニュースターというCS放送局の番組があったが、結構刺激的な番組があったせいか、どこからか圧力があったようで、突然メインの番組の多くがなくなった。そんな2008〜2009年頃、本間正人氏の番組があり、興味深いテーマで毎週楽しみにしていて、そのことからTwitterをフォローしている。先日、「スリランカの農村開発運動指導者であるA・T・アリヤラトネ博士をお招きし、講演会を開催します。」という書き込みがありました。内容はよくわかりませんでしたが、本間さんが紹介しているということで行ってみることにしました。

IMG_0066

スリランカの農村開発運動指導者とのことなので、スリランカの農業の話かと思ったら、世界平和がテーマであった。確かに演題は、「世界平和を実現する文明の展望」だった。生の本間さんに会えるかとおもって待っていたら博士が入ってきた横に通訳みたいな人が付いている。主催者の挨拶があり、では、本間さんにマイクを預けます。あ!博士の横の通訳みたいな人が本間さんだ!TVで見なくなって5年も過ぎると一回りお年を取られたなあと感じた。以降、本間さんの小気味の良い話口で、短く区切って通訳してくれる。通訳もうまい。意訳して自分の言葉として話してくれるのでとてもわかりやすい。博士は今年84歳だそうだが見たところ元気だ。聞くとアメリカに1ヶ月滞在したおり、本間先生が帰国前に日本に寄って公演してほしいと頼んだんだそうだ。かなり古くからの知り合いのようだ。

本題だが、博士いわく世界のリーダは、欲望を持っていて各地の紛争地の双方に武器を売って戦争させているという。人は知識を持ったが知恵がたりないという。知恵に基づく社会になるべきだと言う言葉で始まった。紛争の根源は人間の欲望(お金と権力)だという。人間の最大の敵が欲望だという。欲望故に競争になり紛争が起きる。欲望がコントロール出来ていないからだという。

欲望はどうすればコントロールできるのかという質問があった。答えはシンプルだった、欲望と逆のことしなさい。つまり他人に何かを与えなさい。見返りを求めずに与えなさい。そうすることで欲望がコントロールできるそうだ。

見返りを求めず与えれば、その人が困ったときは必ずその人達が助けてくれる。つまり与えることが自分自身のセーフネットにもなるのだという。

博士は100カ国以上訪問したが、日本だけは特別だという。スリランカの津波災害の時日本はいち早く支援に来てくれた。日本はその見返りも求めなかった。ある大きな国も支援に来てくれたが後で土地の提供を求めてきたのとは大きく違う。日本は仏教の教えを国民の多くが実践しているたいへん珍しい国だと言われた。

なんだが知らないが涙が出てきた。いい講演会だった。

世界の投資誘致策事情交流会に参加(スリランカ)

「世界の投資誘致策事情」という交流会に参加した。開発途上国政府の若手が日本に、自国に投資を誘致するための研修の為に来日していて、その研修の一つとして日本の企業との交流会である。

前半は、バングラデシュ、スリランカ、パキスタンの方と同席した。

スリランカには国内に12カ所の経済特区(EPZという)がある。IT関連で南東部の「Mirijawela IP」が適しているそうだ。

心配される内戦は2009年に収束していていまは平和だとのことだ。

このスリランカの言語は単語は違うが文法が非常に近いらしい。昔には何らかの深い関係があった可能性がある。また、日本が太平洋戦争で負けて日本を分割する話がでたとき、スリランカの人が分割すべきでないとの意見を述べてくれたおかげで分割されていないのだと言う。日本は感謝すべき国なんだそうです。