カテゴリー別アーカイブ: アフリカ

ルワンダに興味を持った

7月8日に大阪商工会議所で「アフリカを知ろう」というテーマでセミナーが開かれたので参加してみた。

IMG_1078

内容は、東アフリカの5国(エチオピア、ケニア、タンザニア、ウガンダ、ルワンダ)の紹介だ。インド洋に面したタンザニアとケニアとその隣の内陸国であるエチオピア、ウガンダ、ルワンダの紹介である。

背景には、「ABEイニシアティブ」という政府が進めているアフリカ戦略に基ずいている。ABEとは、Africa Business Educationの略で、宣言したのが安倍首相であることから、安倍首相のアベ(ABE)とうまく語呂合わせになっている。

日本はアフリカに対する投資、企業進出が少ない。しかし東南アジアの次はアフリカであることは明らかであるので、数十年先をみて何とか投資できる環境を整えたい。そのためには、日本を理解している若い人たちに日本に留学してもらい、帰国後に日本企業の進出の水先案内の役割をしてもらおうという戦略が「ABEイニシアティブ」で、まずはアフリカ各国から1,000人を留学生として受け入れるというものだ。

今回のこのセミナーはその「ABEイニシアティブ」の説明と、留学生との交流を行おうというものだった。

IMG_1080

セミナー内容は、とにかくアフリカを知ってもらうという内容で、私にとっては期待通りのレベルでよかった。

東アフリカの概要、ウガンダに進出した企業の話、ケニアに進出した企業の話、ABEイニシアティブの説明に引き続いて、タンザニアからの留学生、ルワンダからの留学生の講演があった。

IMG_1084

この中で2つの講演が印象に残った。

一つは、ケニアに進出しているマーケティングの会社で、ケニアでコンビニを数店出していてマーケティングもやっている会社の講演だ。この講演の中で、東アフリカの人たちは、貧困層でさえもスマホを持っていて、。Facebookをやっているんだそうだ。だからFacebookを使っての市場調査、ニーズ調査がやりやすいという。一般に商品価格は都度交渉の世界だが、出展したお店では値札をつけているのが新しいそうだ。都度交渉してものを買っている人たちでも、価格表示は評判がいいらしい。また、任せている店長が横領することは日常なんだそうだ。ちなみにケニアの汚職ランキングは、145ヶ国中145位というのだからどうしようもない。日本と大きく違う世界であり、進出しにくいことがよくわかりました。

二つ目は、ルワンダからの留学生の講演だ。

下の写真の方は留学生だが、ルワンダのICTの会社の社長だ。

IMG_1085

ルワンダといえば民族争いで多量の虐殺事件が有名であるが、そう21年前のことで、現在は平和になり治安もよくなっているそうだ。現在の大統領の手腕は優れていて、ICTを国の柱と位置図けて、国策で進めているそうだ。

子供には一人一台のパソコンという政策を進めていて。「ICTバス」という、バスの車内の両側に机とパソコンが設置してあり、全国を回って子供にパソコンを教えているんだそうだ。

インフラも先進国並みだという。電力は不足しているそうだがICTで必要な電力はわずかなので、あまり問題にならない。

写真の彼の会社では、ネットワークをベースとしたスマフォのアプリを作っているそうだが、病院の予約のはか総合的なサービスができるネットワークを活用したアプリでだし、バスの時間や予約、タクシーの呼び出さ意など、地方行政が行うべきアプリの開発を行っている。

話を聞くとすでに日本より進んでいるというか負けている。そんなことからルワンダという国に行ってみたくなった。

下の写真はスーダンからの留学生だそうだ。

IMG_1086