月別アーカイブ: 2012年10月

ミャンマー旅行記(2)ガイドさんが親切だった

2012年9月のミャンマー旅行の記録(2)

今回のミャンマー旅行は1人なので、日本のツアーが使えなかった。マイナーな場所へのツアーは2人以上でないと受け付けてくれないからである。しかたなく現地のツアー会社を探して申し込んだ。まったく初めて行く国のツアー会社に申し込みしての旅行は行くまではとても心配だったが、結果的に費用は半分ですんだ。余談だが日本のツアー会社は50%ぐらい取っているんだなと感じた。

現地では、運転手とガイドさんが私一人に終日付きっきりである。費用から換算すると昼間のツアーは1日1万円である。1万円で私1人に2人が朝8時頃から夕食後の夜の8時まで付きっきりである。車のガソリンやツアー会社の粗利を引いたとして、ガイドさんと運転手はそれぞれ2,000〜3,000円の日給換算でしょうね。12時間労働で換算すると、時給150円から250円というところですね。金額は推察だが大きくは違わないはず、それでも報酬は悪くないとのことだ。まあともかく一日1万円でお抱えの秘書と運転手を雇っている感じでとても贅沢気分が味わえる。

さらにガイドさんは食事にもつきあってくれる。そう一緒の席で食べてくれるのです。ちなみに食事代は行く場所によります。観光客向けのレストランであればガイドは無料なのだ。そうでないレストランを希望すれば連れて行ってくれるがその場合はガイドさんの食費も負担する必要がある。ええ!と思ったが観光客向けのレストランは自分の分だけでも高く、そうでないレストランは2人分払っても600円ぐらいと安い。そもそも高いと言っても1000円だせば現地ではわりと豪華な食事ですからね。

ガイドさんに国の制度のこと、アウンサンスーチーさんのこと、インターネットのこと、日本の印象とか、アパートの相場とかおよそ観光地とは関係のない話もじっくりできた。楽器屋に行きたい。軍隊のお店に行きたい。本屋で辞書買いたい。お土産屋でどれがいいかとか、両替したい、モヒンガーを食べたい、アウンサンスーチさんの自宅に行きたいとか、私のお抱えなんだからわがまま放題である。

ちなみに私とずっと一緒だったガイドさんは、年齢38歳(ただしミャンマー人は日本人の感覚では若く見える)の女性である。学歴もありそうで、公務員の高収入の安定したところに就職していたそうだが、賄賂がはびこっている実情に我慢ができずやめたそうだ。その後、英語や中国語を勉強したが、日本語のガイドの人数が少ないので仕事のチャンスが多いことから日本語を勉強したという。ときどき間違った単語や分からない発音もあるがまあ十分であった。アウンサンスーチーの事務所に行くと、仕事を忘れ、つまり私をほったらかし状態で支援グッズをあさっていた。それほどアウンサンスーチーに期待し応援してるんだと感じた。私もお土産にNLDの旗と同じデザインの布製ナップサックを買った。

とにかくガイドさんというより、ミャンマーで若い日本語のできる(私よりずっと)若い女性と知り合いになって一緒に観光地を巡り、食事も共にしたという感じでした。もちろん夜は別々ですけど。

ミャンマー旅行記(1)金色のパゴダ

2012年9月のミャンマー旅行の記録(1)

ヤンゴンで一番有名な観光スポットは金色に輝く仏塔である。仏塔は英語でパゴーダという。ちなみに日本の五重塔などもパゴーダである。このパゴーダはミャンマーではパヤーという。ヤンゴンに限らずミャンマーにはすごくたくさんの仏塔があるが、ヤンゴンで一番有名な仏塔はシェイダゴン•パヤーで、全面に金箔が貼ってある。先端部分には宝石が貼付けられているそうだ。その宝石は肉眼では見えないが設置してある望遠鏡から貼っているのが確認することができる。らしいが小さすぎて私には確認できなかった。設置少し高い丘の上にあるが市内にはビルがあるので市街からは見ることができないが、夜中はライトアップされているので向きがよければホテルの部屋からは見ることができる。

シェイダゴンパヤーに着くと、ミャンマー人は無料だが外国人は入場料が要る。エリア入り口で靴をぬぎ裸足で入る。ちなみにこのシェイダゴンパヤーに限らず、ミャンマーの仏教関連施設にはどこでも入り口で裸足にならないといけない。裸足で歩く場所なので、石の上を歩くが小石などはないので足を痛めることはない。ただ私が行った日は雨上がりで、つるつるな敷石が濡れていて滑って歩きにくかった。2、3度滑って倒けそうになったがこけることはなかった。私が行ったのは夏期ではないので経験はしなかったが夏期の暑い時期には石が焼けていて歩けないほど熱くなることもあるそうだ。

トイレにも裸足で行かなければならない。きれいかと思えばそうでもないが汚いという感じでもない。床に水がたまっていてその上を歩いたが、それが普通の水なのか、おしっこなのかは分からない。水だと思って歩くしかない。

シェイダゴンパヤーの敷地は正方形で真ん中に金箔を貼ったそびえ立つ仏塔がある。仏塔の周りに4カ所の大きな祈祷場所と、8曜の水掛の祈祷場所とがある。幅10mぐらいの通路がぐるりとあり、周辺にいろいろな祈禱所や小さい仏塔がならぶ。

台風が来ると金箔が剥がれて飛び散り、先端に貼っている宝石も落ちるらしく、2、3日は入れなく日ができるそうだ。その間修復の為に落ちた宝石や金箔を拾っているとの噂である。仏塔自身が耐震構造になっていないらしく、バゴーには上から落ちてきた仏塔の上方の丸い固まりが落ちたまま飾ってあったりする。壊れたらまた作ればいいということらしく真剣に対策を考えていないようだ。金も砂金だが国内でたくさんとれるようで、また貼ればいいということらしい。

日本から持参できるミャンマーで使える携帯電話のレンタルサービスがあった

海外で使える携帯電話をレンタルできることがわかった。

申し込んでおけば空港で受け取れるようだ。

2012年8月からミャンマー専用のレンタルも開始したらしい。以下参照。

http://japan.cnet.com/release/30024895/

現時点では、日本から持ち込んでも使えないようで、現地でプリペイド型の携帯電話を買うのがいいのですが、外国人では買えないようです。

上記のテレコムスクエアは、いろいろな国の携帯電話のレンタルをしているようです。

http://www.telecomsquare.co.jp

WiFiサービスを以下の動画で確認できます。
http://www.youtube.com/watch?v=pNxoRymFkmE&feature=plcp