月別アーカイブ: 2012年12月

ミャンマーから日本、日本からミャンマーに荷物の送付

ミャンマーから日本に小包を送ったり、日本からミャンマーに小包を送るには、定番の日本郵便(EMS:国際スピード郵便)でいいようだ。

値段もそう高くない。

細かい条件は以下に書いてある。国別の特別条件も書いてある。

日本のEMS
http://www.post.japanpost.jp/int/ems/index.html

ミャンマーのEMS
http://www.ems.com.mm/index.html

以下を参考ししました。
http://blog.goo.ne.jp/lrimyanmar/e/aeccaf1fe0d5b1334f0f8587bc629954

査証(ビザ)取得のドタバタ

12月の上旬に、ある団体で、1月上旬の4日にベトナム•ラオス旅行、1月下旬の29日にミャンマー旅行が計画されていることを知った。ベトナムには行ったことがあるので、ミャンマーだけに参加しようと思ったが、ラオスはわざわざ行くところでもないのでこれはチャンスと感じ、どちらにも参加することとした。

そこで査証が必要なのはミャンマーのみだ。ミャンマーの査証取得は郵送では2〜3週間かかるとのこと。ベトナムに行くまで4週間(年末で混み合う時期)、ベトナム帰国からミャンマー出発まで3週間しかない。そこで団体に問い合わせたが、ミャンマーの予定まで2ヶ月あるためはっきり決まっていない。どっちにするか思案した。どちらかというとミャンマー旅行のほうが大切に考えているので、ベトナム帰国後に査証の申請をして間に合わずミャンマー旅行に行けないというのが最悪なので、年内にミャンマーの査証申請することにした。

西日本ビサセンターに送っての取得より、直接大使館に送った方が速く着くだろうと考えて、直接大使館に送った。これが正解だったかどうかわからない。というのは、西日本ビサセンターに頼んだ方が無理を言って速く取得できたかもしれないからである。

パスポートなので書留、急ぐので速達にした。同封する返信用も書留の速達の封筒に切手を貼って同封した。発送は、12月8日土曜日だった。10日朝には大使館に受け取られるはずだ。また急ぐため、年内発行が無理なら未発行のまま返送してほしい旨を書いたメッセージも同封して送った。読んで考慮してくれるかどうかは不明だが。

そろそろ旅行の準備を考え始めた2週間目の22日頃になって心配が増して来た。速いとされる2週間とみても来週前半の返送だからまだ届くはずもないのだが。大使館の休館日をしらべたら22〜25日まで4連休のようだ。そして、29日から4日まで休館日だ。すると、26日から28日間に処理して返送してくれるかどうかが勝負だ。ますます心配が募る。

大使館のホームページを改めてみると、査証の取得を急ぐ場合は旅行社を通してくださいとの記載がある。また個人で発行状況の問い合わせは遠慮くださいとの書き込みもある。そこで、ベトナム•ラオスの旅行の段取りを頼んでいる旅行社の担当者に相談することとした。ただこの旅行はミャンマーではない。ベトナム•ラオスの旅行のの企画会社に直接関係のないミャンマーの査証取得の件を相談しても取り合ってもらえないかとも思ったが、このミャンマーの査証の取得のためにパスポートがないということになれば、ベトナム•ラオスの旅行がキャンセルになるということからミャンマー大使館への連絡を快諾してくれた。

結果、大使館では同封した年内の返送を考慮し、28日に返送予定だとのことだ。状況が分かって安心した。しかし旅行社の担当者曰く、29日から4日まで大使館は休館なので、もしなにかの手違いがあった場合、4日の出発まで連絡が取れない状況は好ましくないとの意見。28日の発送を信じてじっと待つか、発給をあきらめて26日に返送してもらうかの選択を迫られた。もちろんあきらめても申請料の3,000円は返って来ない。私は、発給をあきらめて未発給のままで即時の返送を希望した。査証はベトナム•ラオス旅行からの帰国後すぐに再申請する覚悟をした。

27日の夕方パスポートが戻って来た。開いてみるとびっくり、査証が発給されていた。26日に大使館のほうで急遽発給処理して返送してくれたようだ。

旅行社の方がうまく折衝してくれたようだ。旅行社に感謝である。その旅行社は、フェニックスツアー(全日本中国旅行株式会社)の大阪支店だ。次回以降、個人的に行く時はこちらに頼むことに決めた。

実はこのドタバタの最中に、ミャンマー旅行の企画会社から査証取得を代行するので、申込書を送ってくださいとの連絡があった。4日〜9日にベトナム•ラオスに行くのでパスポートは送れないとの連絡をしたところ、先に申込書だけ送っておき、帰国後の9日から11日にパスポートを送ってくださいとのこと。すると、14日月曜日に申請でき、20日の週には取得できるという。東京の事務所経由で直接持参すれば8日程度で発給されるとのことだ。なーんだ、私は勝手に焦って余計な先回りをしてどたばたしただけだったんだ。

まあとにかくほっとした。

近隣の国、ラオスとベトナムに行ってみることにした

ミャンマー、ラオス、カンボジアがいま注目されている。ミャンマーとカンボジアには行ったがラオスには行ったことがないし、ラオスだけ行くほど観光地もないので後回しになっていた。12月にある大学関連の団体で、ベトナムとラオスの企業視察ツアーがあるとの情報を聞き、早速申し込んだ。ベトナムには行ったことがあるが企業の視察ということでそれもよし、ということで決めた。

ミャンマーでのインターネット接続の勉強にもなると考え、ベトナムとラオスでの接続実験をするための調査を行った。ホテルではインターネットはできると思うがそれ以外のところでインターネットする方法を調べた。

日本の機器を持ち込んでのローミング、これは高い。ベトナムのローミング、このブログを書いている2012年12月時点で、2円/1KBだ、1Mbだと2,000円、とてもとても使えた者じゃない。

手軽にということなら、以下で現地で使えるモバイルルータをレンタルしてくれる。
アジア11カ国1日、700円とリーズナブルだ。

http://www.telecomsquare.co.jp/

残念ながらラオスが対象外だ。

いろいろ調べていたらe-mobileのWiFiルータはSIMフリーなので、海外のSIMを装着すれば使えるそうだ。実は私は、eoモバイルに加入しているのだが端末はそのe-mobileなのだ。

今回はこれで実験してみることにした。現地についたらプリペイドのSIMを買って使ってみよっと。