月別アーカイブ: 2016年9月

まもなく日本語教師になれそう

日本語教師になろうと決めたのが昨年(2015年)の6月。420時間の養成講座も一年かかったがまもなく終わる。

日本語教師の資格は、420時間の養成講座を終了するか、「日本語教育能力検定試験」に合格するかのいずれかだ。ただし日本語学校では、両方の資格を必須条件とするところもある。ただ、「日本語教育能力検定試験」に合格しても、実際に教えるとなると教案や教材や教える実技も必要なので、後日420時間の養成講座を受ける人もいるそうである。

先日、ある日本語学校から教師を採用したいので、一度見学に来て欲しいとの案内があったので、見学してきた。当日は、授業中の教室内の見学と、実際にその日本語学校で教える場合の環境や処遇に関する説明を聞いた。

実はその説明を聞いて愕然とした。授業は、午前中4単位(1単位45分)が標準。だから9時に授業開始で途中の10分休憩を入れると授業の終了は12時30分となる。この学校ではほぼ毎日小試験をするそうで、終了後は試験の採点や成績付け、翌日の授業の準備で、早くても学校を後にするのは、早くて15時だそうだから、まあ16時に終了が普通と見る。時給は、授業時間分のみで1600円。あれ?となると、8時30分に入り、16時に出るとすれば、7時間労働。時給は授業時間だけというから1600円x4時間=6400円。これを7時間で割ると、実質の時給は、914円だ。コンビニやスーパーのレジなみか。しかも通勤で片道1時間以上かかるとあれば、これはありえない。

調べてみたら、たまたま見学に行った学校が特別ということではなさそうだ。そもそも日本語教師は賃金が安いというのだ。背景には、日本語を習いたい人は中国や東南アジアの人、つまり給与水準が5分の1とかなので、授業料を安くせざるをえない。となれば合わせて教師の給与も安くせざるをえないというわけだ。

1年ぐらいは安くても教えるという実務経験を持つために就職しようと思っていたが、やめるつもりだ。私は、個人でプライベートレッスンの教室を開くことにした。

強みは、以下だ。

  1. 基本的には日本語で教えるが、日本語で説明できないことを英語で補足説明できる。
  2. 学習者は、英語で質問ができる。
  3. 人生経験から日本のあらゆる文化・歴史などを合わせて教えることができる。