月別アーカイブ: 2016年10月

F2F体験記 – ゴルフしてみた(体験記)

10月31日と11月1日はフィリピンの祝日、しかも土日に続いて月火だから4連休です。短期できている人は、2日間も英語レッスンがない日があるのはクレーム気味です。

そんなことはともかく、もともと土曜日1日だけ行ってみようと思っていましたが、連休を知って急遽、併設のホテルを2泊予約し、3日間連続でゴルフしてみようと思いました。ただ体が3日間続くかどうかわからないので、無理なら2日だけでもいいや!と思いました。

フィリピンでは必ずキャディさんが付くので、無駄に走り回る必要はないので、結構体力的には余裕で3日間回れました。空いてて、一人なので、ゆっくり回っても1時間半から2時間で9ホール。日本ではゴルフは1日掛かりですが、フィリピンでは4人でも半日あれば十分ですね。

後で世界中でゴルフしている人がここでプレーした時のコメントを見て同じ感想を持ちました。まず行ったのは、KC Hillcrest Hotel and Golf club ということで、ホテルとゴルフ場が併設していて、宿泊客はグリーンフィーが50%引きという併設のゴルフ場ならではの仕組みになっています。

芝は昔からの芝なので、あまり状態は良くありませんが、毎週月曜日にはキャディさんが総出で草抜きするようで、コストをかけずにメンテナンスをやっています。というのは、マニラ付近に良いゴルフ場があるのに、わざわざ、1時間半から3時間(混み具合で変わる)の場所まで来る人が少ないので、安さを売りにするしかないとの評価です。

費用を試算してみました。

まずゴルフの値段は、

  1. グリーンフィー 1,700ペソ(土日祝日)
  2. キャディーフィー 400ペソ
  3. 保険料 100ペソ
  4. カートフィー 1,000ペソ

合計、3,200ペソ(約7,000円)

カートなしの選択ができます。カートなしでは、キャディさんが一人用のゴルフキャリーを引っ張って一緒に歩いてゴルフします。

すると、カートフィーを差し引いて

合計、2,200ペソ(約4,800円)

宿泊すると、グリーンフィーが50%引きなので、

合計、1,350ペソ(約2,900円)

つまり、ホテルに宿泊し、カートなしだと、約3,000円で18ホール回れます。とはいえ、私にはカートが必要なので、ホテル宿泊で、

合計、2,350ペソ(約5,000円)

ちなみにホテルは、一泊5000円くらいです。

マニラからこのホテルまで来るには、タクシーとバスを使います。空港からバス乗り場のコスタルモールというショッピンセンターまで、タクシーで約300ペソ。コスタルモールからこのゴルフ場まで、バスで約100ペソ。一人でも約400ペソ(約900円)4人だとタクシー代が割り勘になるので、175ペソ(約380円)

飛行機は、LCCのジェットスターなら安いが、毎日価格が違う。関西空港から11月4日金曜日の夕方乗って、11月6日の深夜便に乗れば、21,210円、ゴルフバッグ 15Kgを預けると2,700円だそうで、往復で、26,010円となる。2泊3日なので、荷物を軽めに7Kgまでに抑えれば追加料金はいらない。

11月4日夕方の飛行機でフィリピンに行き、11月6日の深夜(正確には7日の1時ごろ)に帰国すると仮定して試算すると、

  1. 飛行機代 26,010円(Jetstar、11/4-11/7)
  2. タクシー代 650円(4人なら4分の1)
  3. バス代 220円
  4. ホテル代 10,000円(2泊分、2人なら一人当たり半額)
  5. プレー費 10,000円(2ラウンド分)
  6. 食事代 5,000円(2日間の昼夜、朝食はホテル代込み)

合計、71,880円

やすいかなと思って、ツアー料金を見たらあんまり変わらないですね。

F2F体験記 – 2016-10-24 – decided to play golf

I had received a LINE message when I finished all classes. The message was about the holiday this coming Monday and Tuesday. It means there won’t be my class because they are national holiday in the Philippines. I didn’t know that. I had plans to play golf on Saturday, but I decided to change my schedule and spend the long holiday to play golf. There’s a hotel at the golf course. I checked the price of the hotel. It is kind of cheap, so I reserved the hotel from Saturday to Monday. I will able to play golf for three days, and I’m so happy.

F2F体験記 – 近くにゴルフ場がある(視察記)

タガイタイは避暑地とあって、ゴルフ場が沢山あります。ただ多くは会員しかプレイできませんが、以下の2箇所は、誰でもプレイできることがわかりました。

1つ目は、「SPLENDIDO TAAL GOLF CLUB」でタガイタイハイツからは西に向かって、10kmぐらいのところの左側にあります。道路からタール湖に向かって下りていったところにクラブハウスがあります。

2つ目は、「KC Hillcrest」 というところがあります。1つ目のSPLENDIDOから2、3Km先にあります。こちらは山側にあります。

どちらも同じ方向にありますが、良い行く方法がありません。なぜならタガイタイにはタクシーがないからです。そこでF2Fが生徒の送迎などに使っているドライバを頼むのが一番です。費用は、タクシーを基準に決めてるそうですが、行ってもらうと往復で1000ペソ。朝送って行ってもらって、夕方迎えに来てもらわないといけないので、2000ペソかかります。これは交渉できるのかもしれません。

もう1つの方法は、バスです。ゴルフバッグは、バスの横の荷物入れに入れてくれるので、持ち込む必要はありませんが、バスを降りてから、フロントまで、どちらのゴルフ場も少し離れたところで、坂道ですので、ゴルフ場からバスの道まで送ってくれるかどうかは聞いてみないとわかりません。

F2F体験記 – 2016-10-23 – went to SM mall

I went to SM mall of Dasmarinas on Sunday. The other day, I asked my english teacher how to get to the SM mall. She said “You can take any bus and to tell the conductor to drop you off at SM mall.” The conductor misunderstood me. He thought SM mall is in Manila. So I paid 68 pesos. And that’s why he did not announce to me that we were already in front of SM mall of Dasmarinas. I was looking of my GPS in my iPhone. I could leave the bus in front of Robinsons. When I came back to Tagaytai. The bus conductor requested 42 pesos. I thought it was mystery that the other conductor asked for higher fare, so I realized there is a SM mall in Manila.

F2F体験記 – 2016-10-22 – eating

F2F doesn’t have dinning room. The meals are carried from outside. The meal are simple compared with other English school in the Philippines. They serve almost chicken and rice with vegetables every day. Everyone picks up their preferred food from a tray. My first three days, I picked only few but recently I picked up more. Many female student get only few. A certain student said “You shuld get food twice.” Because there is always a left over. First 6:30, secondly 7:30 the student said. On Saturdays, we have to declare if we eat or not. They make just declaration. On Sunday, there is no meal. I have to eat outside. Some students cook for themselves but I can not cook. That’s why, I hope to look for a restaurant. I eat my three meals outside. It is really troublesome for me. The day yesterday, Some of my Mac keys like ‘U’, ‘I’, ‘P’, ‘Enter’ were not responding. That’s why I decided to go to SM mall of Damarinas. I will buy a new keyboard etc. and I will eat lunch and dinner at the mall.

F2F体験記 SMモールへの行き方

F2Fからジプニーで数分のところに、Robinson Marketもうすこし向こうに行くと、Ayala Shopping Mallがあるので、通常はそこで問題ないが、いずれも比較的小さい。大きなショッピングモールは、タガイタイとマニラとの中間あたりにあるダスマニリャス(Dasmarinas)という町に、大型のSMモールというショッピングモールと、そのすぐそばにこれまた大きなRobinsonモールがある。その場所に行く方法を紹介しよう。

一口で言えば、セキュリティゲートを出て、道を横切り向こう側に行く。長くても3〜5分ぐらい待てばバスが来る。どのバスでも良い。手をあげればバスは端に寄って停車し載せてくれる。バスが出ると車掌が行き先を聞いてくるので「SMモール、ダスマニリャス イン パラパラ」でもいいと思いますが「SMモール、パラパラ」もっと短く「SMパラパラ」で伝わるようです。SMモールは、パラパラ州(Palapara)のダスマニリャス市にあるからです。

車掌に「SMモール、パラパラ」というと下のような穴の開いた紙切れ、つまりチケットをくれます。バスの番号、日時、値段がわかるように穴が開けられています。値段は、「PESOS」とか「₱」書かれたところの穴を見ます。左のチケットでは「₱」のところに「2」と「40」のところに穴が開いています。これは42ペソを示します。左のチケットでは「PESOS」のところに「60」と「8」のところに穴が空いています。これは68ペソを示します。乗ったのが一人だけならすぐに支払いをしますが、大勢乗った場合は、まず前から順のチケットの配布のみ行い、改めて前からお金の回収に来ます。お金を財布から出す時間をくれているわけです。ゲートの前からそのSMパラパラまでは、42ペソぐらいです。バス会社等によって料金は多少違うかもしれないが、気にしないようにしましょう。たいした金額差ではないはずですから。単に「SM」だけだと、マニラのSMと勘違いされ、68ペソぐらい取られます。そうです、下の68ペソのチケットは私が「SM」とだけ言ったので、マニラまでのチケットを渡されたのです。

 

cvcgxvmueaeiu6p

お金を払う時「SMモールに着いたら教えてね – Please tell me SM mall」と言っておけば着いたら教えてくれるが、頼り切るわけにはいかないので、GPSで地図を見て、近づいたことを把握するのが良い。SMモールは道沿いにはなく、道沿いの左側に、Robinsonモールがあり、大きな看板が見えるところで降りる。だから、左側の席に座るのがいい。そろそろかなと思ったら左外を見る。たいてい誰か降りるので、バスが止まったら左よこを確認するのでも大丈夫だ。降りたら進行方向の交差点を右に折れるとSMモールが見える。

帰りは、道路の反対側なので、Robinsonモールの正面の出入り口で乗るのが良い。ここは停留所なので、バスはしばらく停止しているので、それに乗ればいい。どのバスでも良い。念のために「タガイタイ!」とだけ言えば、手招きで乗れ!と示してくれるはずだ。

ここでは大勢乗るので、車掌は前から順に行き先を聞いて料金がわかるチケットを渡してくれる。一人乗った時はすぐに料金を払うが、大勢の時は、一旦前から順番に全員にチケットを渡していき、また前に戻って、今度は順に料金を徴収してくるので、慌てて財布を出さなくていい。行き先は「タガイタイ・ハイツ!」で通じる。料金は同じく約42ペソ。

「タガイタイ・ ハイツ」と言ってチケットをもらっているので、車掌は把握していて、近づいたら教えてくれるが、頼り切ってはいけない。やはりGPSの地図を見ながら自力で降りるようにしましょう。近づいたら席を立って前に進めば、車掌がゲートの前で止まるように運転手に言うようで、ちょうど真ん前で止まってくれる。

そうモールまでは比較的遠いのですが、ほとんどドアツードアの感じで、バス一本乗り換えなしで行き帰りできるのです。

F2F体験記 – フィリピンのバスはとてもいい

フィリピンのバスは、どこでも道端で手をあげれば載せてくれる。乗ると車掌が寄ってくるので、行き先を告げると、料金の書いたチケットをくれる。そしてその料金を支払う。降りる時もどこでもいい。降りたい意思を告げるか見せると止まってくれる。しかも24時間、気持ち5分間隔でいろんなバス会社のバスが来る。

今日は、50Kmぐらい先にあるショッピングモールまで行ってきた。私の滞在場所は、セキュリティゲートで囲まれたエリアにあるが、運良くゲートの前がバスが走る道路なので、ゲートの前で手を挙げると止まってくれる。行き先はショッピングモールで、バスが走る道沿いにあるので、ショッピングモールの前で降りると、ほとんどドアツードアの感じで行くことができた。

バスには日本のように事前にチケットを買う必要がない。乗れば車掌が行き先を聞いて料金の書いたチケットをくれるので、それを見て支払う。距離は50kmぐらいだと思うが、行きは空いていて40分ぐらいで行けた。料金は68ペソ(日本円で約150円)。帰りは渋滞もあって1時間ぐらいかかった。料金は42ペソ(日本円で約100円)だった。行きはなぜか5割も高い。バス会社が違うからでしょうか。謎ですね。

下の写真がその行き帰りのチケット。

cvcgxvmueaeiu6p

停留所はないことはない。途中の比較的大きな街には、降りる人がいなくてもしばらく止まる。すると、お菓子やらジュースやら売りに乗ってくる。これも昔からの習慣のようで、売り手が中にいる間はバスはでない。

cvcgeceueaabf7e

写真の白いシャツのお兄さんが車掌。
この人に限らず、バスの車掌はすごいんです。途中の大きな町の停留所で止まると、当然多くの人がおり、多くの人が乗ってきます。その間、バスの車掌は外にいて、バスが出るよ! とアナウンスしている。そしてバスが出ると、車掌はもともと乗っていた人と、新しく乗った人を区別し、新しく乗った人の席に行って、チケットを発行し、料金を徴収する。毎日のこととはいえ、よく混乱しないものだと感心する。こんな能力、今の日本人にできるだろうか、少なくとも私は無理なきがする。

cvcgw9eukaezdep

 

F2F体験記 一週間目、食事のこと

F2Fには特に食堂がなく、3食は都度外部から運ばれてくる。今まで行った学校に比べてとても質素である。ほぼ毎日、鶏肉が出る。鶏肉と付け合わせの野菜、そしてご飯だ。量も少ない。みんなの分が並べられるので、自分で好きなだけ取って食べる。最初は控えめにとっていたが、私にとっては少なすぎるので、最近は多めにとるようにしている。周りに女性が多いということで、みんな控えめなのだ。住み込みの先生に聞くと、足らなければ2回食べればいいのよと言われた。毎回最後には少々余るようだ。食事の終了時間に行って残った分を食べればいいというのだ。土曜日は要不要を名前を書いて申告する。つまり申告した分だけ作られるようだ。日曜日は食事はないので、外部に食べに行かなければならない。女性は自炊したりして料理を楽しむ方のいるようですが、私にはできないので外食場所を探すことになる。3食とも外部でというのは少々面倒くさい。

今日は一週間目の日曜日、3食をどうするかなあ。事前に知ってたとはいえ、私には少々辛い。滞在期間は2ヶ月で最終日は土曜日なので、滞在中に日曜日は7回あることになる。

実は一昨日、Macのキーボードが調子が悪くなった。”U”,”I”,”P”,”<Enter>”キーが入力できなくなったのだ。ググッと押しても全く反応しないので、水の飛沫が飛んでということでもないようだ。いずれにしろキーボードを買わないと色々面倒である。

そんなわけで今日は1日、SMモールに行くことにした。キーボードを探しつつ、食事はSMモールで済ませてしまう予定だ。

F2F体験記 – 2016-10-22 – look at golf course

This time I brought my golf bag. So I had planed to play golf at a golf course near Tagaytay.

I was thinking about how to get there. I got advise from this school owner. He said we have twi drivers for our companies. I can arrangement the driver. I ask him the driver at Saturday 10 A.M. in front of Brown House.

I visited KC Hillcrest. I asked them that I can play golf this course. The clark said you can. How much is the cost it is 2,700 pesos in week days, 3,200 pesos in week end. It is included caddie fee. This price is kind cheep compared Japan. The price is almost same but this fee is included caddie fee. Japanese caddie fee is very expansive.

Anyway, I understood I can play golf at KC Hillcrest Golf Club. I will play golf there next week end.

F2F体験記 – 2016/10/21 – wedding party

Last night, I went to a wedding party of the F2F’s Owner at the hotel. Because in the afternoon our school’s owner held a wedding ceremony. We are waiting at the gate of Tagaitai Heights for an hours. Because the driver was busy for the party. He couldn’t come and pick us up earring. When we got at the hotel, a woman took pictures in advance and ate dinner. I was talking with the owner, his employees and ex-students. One of the employee and I stay in CIP at the same time. He remembers me but I didn’t.