Windows8.1のVPSのサービスを得た

VPSというのは、一つのサーバー機内に仮想で複数の独立した環境を提供できる技術によるサービスをいう。
共有サーバーであるが、従来の共有サーバーはサーバー自身の設定変更はできないし、リブートはできないし、スーパーユーザであるroot権限ももらえない。しかしVPSではスーパーユーザのrootのアカウントががもらえるし、リブートも自由である。性能を除けば専用サーバーとなる。ただあくまでも共有で複数の人が同じサーバーを使っているので、負荷の影響は受ける。
とはいえあまり気にはならない。というか気にならない程度にユーザ数を抑えているものと推察できる。

そのようなサービスは、Linuxから始まり、WindowsのVPSも提供されてきたが、Windowsの場合は無償のOSではないことと、一般のWindows7/8などのクライアントOSではなく、Windows2013などのサーバーOSが提供されていたため高くついていた。Windowsがどんどんユーザ離れが発生しているせいか、VPSもずいぶん安くなってきました。

そんなころ “WindowsXP/7/8/2003/2008/2012” のVPSのサービスを提供してくれるところを見つけた。そこは、WIN-VPS.COM で、どうもロシアの会社のようです。

早速申し込んでみました。

申し込み中に気付いたのは、”WindowsXP/7/8″ などのクライアントの場合は、30ドルの初期費が必要でした。サーバーOSの場合は不要でしたが。支払いは、Paypalでしました。

翌日、開通の連絡がきましたが、あれ? 接続してみるとWindows2013でした。

マイページから問い合わせできるので問い合わせしてみました。でもなかなか返事がこないと思っていたら午後4時頃返事がきました。時差を調べたらどうもモスクワ周辺のようで、時差6時間とすれば日本の午後3時が、モスクワでは午前9時だ。WEBページには24時間サポートと書いてありますが、テクニカルサービスは向こうの昼間だけのようで、以降も夕方以降のメッセージについてはすぐに返事がきますが、午前0時から午後3時までの間の問い合わせは、午後3時以降にきます。

まあそれはともかく、返事の内容を見てびっくりしました。Windows8のISOイメージファイルとプロダクトIDを送って来いというのだ。30ドルはいったい何の費用だと聞いたら以下のことがわかった。

要は、WindowsXP/7/8の場合は、こちらからISOファイルを送ってインストールしてもらうことになるので、その作業費だというのだ。ちょっと納得できない気持ちもあるが、まあ確かに30ドルでWindows8のライセンスの取得は無理だからそういうことかと納得した。

そこで廃棄予定のPCにインストールしていたWindows8を使うことにし、そのDVDをISOの落としてFTPで送付した。

ちなみにサーバーとは別にユーザごとにFTP領域が提供されていて、仮想のサーバーにファイルを送る場合に、利用できるのは大変ありがたいですね。あんまり日本のサービスにはなかったサービスです。

実は送ったのは5月の連休の前でしたが、現地は関係ないだろうと思いましたが、調べてみたらロシアでも5月の初めは連休のようで、待つしかないかと思ってました。

10日になっても返事がないので、催促してみました。するといろいろ聞いてきました。そうです。催促するまで忘れていたのか保留されてしまってました。このへんから相手の会社はあんあまりきちんとした会社でなく、小規模でやっている感じがわかってきました。最近起業したベンチャー起業家もしてませんね。

催促の翌日、返事がきました。接続したらびっくり、インストールの初期画面が出ていて、自分でインストールせよ!ということらしい。メッセージを読むと、日本語がわからないから自分でしてくれというのだ。むむむ、しかたない。30ドル支払ったのに、ISOイメージをセットして起動しただけかよ! まあ日本語がわからんというのももっともだから特にクレームもせず自分でインストールしました。

インストールできたけどリモートデスクトップで繋がらないので、繋がらない!とメッセージを送ったら、また翌日の夕方にポート番号の情報を送ってきた。おお!無事つながった。

インストールするファイルは先に書いたように契約したVPSサーバーとは別途FTP領域がよういっされているので、そこを経由して転送することでできる。

先方の対応は、こちらのことを考えて先に先に必要な情報も作業にしてくれないが、言えばすぐに対応してくれる。ロシア人西洋人だからこちらのことをおもんばかってくれない。言わないとしてくれないのはしかたないですな。

その後、Windows8からWindows8.1にアップグレードもできました。今年の秋に出るというWindows10にもアップグレードできそうです。

まあとにかく、無事にリーモートでWindows8.1が使えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です