声が少し出るようになってきた

先にも少し触れたがミャンマーから帰国した翌朝のことである。あ!声が出ない。全く出なかった「あーあ」が精一杯。帰国の翌朝だったから11月30日のことだ。

その日のうちに病院に行ったら吸入タイプの咳止めを使った後、うがいをしていないと声が出なくなることがあるとのこと、ミャンマーではほとんどうがいはしていなかったので「それか」とそれなりに納得。医者によれば一週間で回復するとのことだった。

最初の一週間は大変だった。女房には声が出ないというのは知っているのに、電話がかかってくるとそのことを忘れて、私に電話を取り次ぐのだ。私は電話を聞いて返事するが声が伝わらない。直接なら「はーあー」という息だけでYESは伝わるが、電話で「はーあー」と言っても電話には乗らない。何度かあって、電話があるとそばで対応してもらえるようになった。

一週間経過したがまだ声な出ない。息だけだった声は、「あー」ぐらいは出るようになったが「かー」は出ない。「あ」は出るが「か」では英語で言う「K」だけで母音の「あ」が出ない。

病院で伝えると内視鏡で声帯を見てくれるという。医者曰く「声帯が炎症を起こしていて、周りに白い幕ができています。しばらくかかりそうですね」治療はないそうで、自然治癒を待つしかないという。

まあとにかくなぜそうなんたのかはわからないが、2週間目にはもうこのまま声が出なくなってしまうのではないかと不安になってきた。咳が止まらないので、声帯を刺激するからちっとも回復しないではないかと思ったがそれは直接には関係ないというのだ。

ひどい咳と、声が出ないのには参った。3週間目の先週、今の病院で肺炎であるとの診察で入院したわけだ。肺炎の治療をしても声は出ないので同じ病院の耳鼻科で診てもらった。診断は同じだ。咳とは関係ない。自然治癒に2〜3か月はかかるというのだ。

今日で入院一週間目だが、咳はほぼ止まった。声はひどくかすれて入るが、1か月目で少しは音声が出るようにはなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です