なぜ日本は自殺者が多のか

日本社会は行き過ぎた社会ルールがあり、すべてのことは他人と同じでなければなりません。日本人は様々なルールを馬鹿な人の理屈で出来上がっています。そして本当に真面目に生きている日本人はそれらのルールをきちんと守ろうとします。それは日本には集団の目があり、いつも見られているからです。日本の若者は目に見えないガラスの網に入れられているのです。2番目の理由は、日本で安定した職を得るには一流大学の学歴が必要など、目に見えないガラスの線路があるのです。生きていくためのに本当に必要なリテラシは求められません。結果、多くの若者は学校の成績が良くなかったというだけの理由で、線路から外れるために、派遣社員としてしか働けません。そんな現実に気づき、ショックを受けるとともに、自分のプライドを失い、派遣社員であるため収入も上がらず苦しんでいます。つまり、日本の多くの若者は、日本の社会システムを戦争とかでリセットされることを望みつつ、自分にはどうにもできない現実に悲観し自殺という道を選ぶのです。