はじめてのインド旅行 – ニルギリ山岳鉄道の乗り方

乗るにあたって事前に調べたら、人気の鉄道なので乗ることは難しいという情報と、特に問題も無く乗れるという情報があり、私も乗れなくてもいいという覚悟で行ってみました。

メットウパラヤム(始発駅)に行く方法

始発駅のメットウパラヤムまで行くには、飛行機ならコインバトール空港に行き、そこからタクシーが便利です。タクシーは日本に比べとても安いですので、そんなに高くありません。ほかにもバスや鉄道を乗り継いで行く方法もありますが、よく知りません。

チェンナイからですと、飛行機の他に、夜行列車を利用する手があり、私はそれに乗りました。チェンナイを21時15分に出て、メットパラヤムに朝の6時15分に着く列車(Nilgiris Express:正にそれ用の列車)があります。到着したらそのまま7時15分発のホームの反対側にあるニルギリ山岳鉄道に乗れます。

メットウパラヤムでの乗り方

到着したらまずならびます。何人か並んでいますので、ならび場所はすぐわかります。チケットは乗れる席が確定してからでいいです。チケットのチェックは走り出して最初の機関車の給水タイムでされます。チケットは駅の外にあるので、先に行くと列の後ろになり乗れなくなる可能性があります。席が決まったら荷物を席に置いて、ホームの端から線路を渡って駅の外のチケット売り場に行ってきます。ちなみに料金は15ルピー。5時間も楽しく乗せてもらって15ルピー(日本円で30ー40円)でいいのです。

私が乗ったのは10月の下旬です。比較的空いていたのだと思いますが、実際走り出したら満員でした。混雑する時期は不明ですがお祭りの時期や休みの時期は、いつなのかはわかりませんが、私が行った10月下旬は、10月中旬までのお祭りが終わった時期でした。

乗れなかったらか翌日に絶対乗りたい

もし乗れなくて、翌日の朝乗りたい!という場合、駅のリタイアメントルームに止まるといいです。素泊まりですが、安くてきれいらしく、ホームの建物の中ですから、翌日は一番にならべます。
駅員にリタイアメントルームに泊まりたいといえば泊めてもらえるはずです。料金も近くの安いホテルより安いらしいです。

ちなみにリタイヤメントルームというのは、空港、列車の駅、バスターミナルなど寝ないといけないほど待ち時間がある時のためによういされている宿泊施設です。インドでは一般的で乗り換えが必要な駅には大抵あるようです。

確実に乗るには

やはり事前の予約ですが、インターネットで予約できるそうですが、インド人の認証が必要なので旅行社に頼むことになります。インドは広いので多くの旅行社のある北インドではなく、南インドの現地の旅行社がいいと思います。
わたしはわからないので日本にもある西遊旅行のインド支店に直接聞いてみました。10月の下旬時点で、12月まで予約は満員とのことでした。キャンセル待ちのチケットは、500ルピー(1,000円ちょっと)だそうです。結局取れなくても返金なしとのこと。西遊旅行が取るのか鉄道会社がとるのかはわかりません。
ちなみに当日券は、15ルピー(約30円です)

結論

混雑する時期を調べて、混雑する日を避けて行けば予約しなくても乗れるとおもいます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です