環インド洋経済圏というセミナーに参加してみた

環太平洋経済圏とは良く聞くが、環インド洋経済圏というのは初めて聞いた。この環インド洋経済圏には、インド洋に面するASEANの国、マレーシア、インドネシア、タイそしてミャンマーが含まれ、さらにバングラデシュ、インド、パキスタン、イラン、イエメン、エチオピア、ケニア、タンザニア、モザンビーク、南アフリカ、そしてオーストラリアなどで構成される。

ASEANはこのインド洋の経済圏とも関係するので、セミナーに参加してきた。

002

 

この地域の国々の共通点は、まずどの国も資源国であること、人口が急激に増加していること、若年層が多いこと、そして民主化された国であることだ。

資源はあるが資源のまま、加工なしで輸出していることから加工して輸出したいと思っている。人材が育っていないので、身近な農業や縫製、皮革関連の生産から行いたいようだ。日本の期待としては、市場として、資源調達国として期待が大きい。

植民地開拓時代は最も注目された地域だがしばらく忘れられていた地域である。そもそも日本は中東の石油を運ぶ通路であるが、最近、関係者によれば最近やっと、政府外務省が注目してきたそうです。そう言えば、安倍首相がモザンビークやマダガスカルを訪問したニュースを聞いたし、つい先日インドの首相が日本を訪問し、安倍首相と会談している。まもなくスリランカとバングラデシュを訪問するなどこの地域の国を頻繁に訪問している。

現実は厳しいようです。法制度が整ってないし、インフラがないし、労働者はいるが工場で働くという経験が無いそうだ。資金回収は難しいので、何かを売る場合は前金で受け取ってから売る必要があるらしい。実際にブームになるにはまだ10〜20年はかかる気がした。

なお、この地域は中国が早くから進出していて、実際に各国最大の貿易国は中国だ。だから新聞報道等では、アフリカは中国が入り込んでいてもう日本が入る余地がないと言われている。しかし、アフリカを25年研究しているという神戸大学の高橋教授に寄れば、日本はODAなどを通じてずいぶん前から深く浸透しているとのこと。支援の質が違うから心配ないとのことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です