インドネシア視察に出発(台風と飛行機)

2014年10月6日の深夜に台風が通過、朝5時頃強い風の音で目が覚めた。飛行機が飛ぶかなあと心配しつつ出発の準備をした。今日はインドネシア視察ツアーの出発日なのだ。

飛行機は離陸さえすれば台風の上を飛ぶので、多少飛行機が揺れる程度で関係ないらしいが、離着陸は当然影響がある。聞くと、国内線は一日に4往復とかするので、台風が来ると一日の時間が読めないので、欠航になるらしい。しかし国際線は一日に1本とかが多いので、その日のうちに飛べばいいということで、風の強い時間帯を避けて飛ぶらしい。実際欠航になると払い戻しをしないといけないので、よほどのことがない限り欠航にはならないらしい。その代わり大幅に遅れることはある。

今回、台風は早朝に関西を通過したので、1時間の遅れで済んだ。1時間の遅れの原因は、日本に台風が来ているとのことで、日本への到着が1時間遅れるように出発したらしい。だから到着後、約40分で出発したが、出発も一時間遅れたというわけだ。

悲惨なのは東京からの出発組。関西を台風が通過したのは早朝だから東京方面は昼ごろ通過だ。だから風が弱まる夕方に出発となったらしい。6時間の遅れだそうだ。夕方には着くはずの便が、夕方の出発となったわけだ。飛行時間が7時間だから到着は深夜12時前後ということだ。

天気はどんよりしていたが、上空では青空だ。当たり前ですが。

DSC09320

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です