今日で10週間が終わる

今日で10週間が終わる。残りの2週間はスピーキングのスキルアップをすべく取り組みつもりだ。

先月にも一度挑戦したが見事に断念、TOEICに切り替えようとしたが講師不足と新規申し込み優先で、できなかった。通常のレッスンの中でTOEICの学習を試みたが、専門の先生でなければ難しいことがわかって断念。再度、スキーキングにに絞って取り組むことにした。

この先月からスピーキングはグループのみできたが、先週から一対一のレッスンを加えてみた。あいかわらずだだしゃべるだけだが、考えている時、「うーーん」というのをやめるように注意された。このことだけは注意するようになったので成果かもしれない。自己流でしゃべって伝わっても意味が無いと思うのだが、OKとしてテキストは進む。

来週から2レッスンを増やしたので、3レッスン+グループクラス1レッスンとなる。ただただ自己流で喋るだけでは意味のないと思いながらもだ。目的は、いい先生に当ることを望んでいるわけではなく、どうすればスピーキングのスキルアップができるのかを知りたいからである。

ひとつヒントになったのは、書けない文章は喋れない。書かれたものがスラスラ読めない文章は喋れないのである。

後でわかったが来週からの先生の一人は日本人とのハーフで日本語がぺらぺら喋れるらしい。この先生に自分の考えを伝えて残りの時間をどうすればいいか相談できるかもしれないということで、ちょっと期待している。もう一人は通常の先生が休みの時に代わりに来る先生、サブティーチャというが、サブティーチャーとして一度習ったことがある。発音がきれいだったのと、もの静かな感じが気に入った。とかくスピーキングティチャーというとおしゃべりで、喋り出したらとまらない。スピーキングクラスなのに喋る機会がなく、ただただ聞くだけのクラスとなるからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です