今週からスピーキングを増やした

先週、リーディングクラスをスピーキングクラスに変更した。そしてボキャブラリのクラスをスピーキングに変更し、新規にスピーキングクラスを追加し、今週から全部で3つのスピーキングクラスを受けることになった。

今回の変更は、リーディング、ボキャブラリのレベルがプレインターミディエイト(中級レベル)に達したので、それらをスピーキングに変えたわけだが、先週末の試験でレベルダウンしていたら、プランの変更の意味も半減する。結果はまあまあだ、つまり上がりはしなかったが、下がらなかった。先週までの私にとっての最高水準は維持できたわけだ。今週から安心してスピーキングに専念できる。

男のMのクラスでは、いろいろな意見をいうトピックを題材にしていたが内容が難解ということで、先生のほうが質問のヒントを得て、質問される。私はそれに答えるというレッスンとなる。今週から毎日課題が与えられるようになり、今日で2日目だがソラで説明できるような勉強を始めた。その現在のところ悪く無いと感じている。

女性のSクラスは、昨日が初日ということで、相互に自己紹介を兼ねたおしゃべりに終始した。日本人の血が履いいていることもあり、ときどき日本語が出るのが気になるし、とかくよく喋る。今日以降どうなるのか楽しみでもあり、ずーーと他愛のない会話に終始するのかわからない。

女性のMのクラス、予想通りそんなにおしゃべりではない。勉強法を聞いてみたら彼女自身は週一回のプレゼンを繰り返したのが上達に効果的だったそうだ。事前に原稿を書き、先生に訂正してもらって、覚えて、そらで喋るという内容だ。その話の流れで、残り2週間はそれと同じ経験をさせてもらえるレッスンとなりそうである。

今週からスピーキングを増やした」への2件のフィードバック

  1. まゆか

    はじめまして!
    CIPとMMBSの生徒の質の違いについて教えて頂けませんでしょうか?
    エージェントがいうにはCIPは生徒の質があまり良くないということでした。
    よろしくお願い致します。

    返信
  2. admin 投稿作成者

    生徒の質はそんなに違わないと思います。どちらも高いと思います。ただもちろん、両方とも遊び半分の人もいますし、ほんと真剣に勉強している人もいました。本当に遊びたい人は、セブとかに行くと思うので、遊ぶ場所が遠いMMBSもCIPも遊び半分の人は少ないんだろうと思います。少なくとも周りの人によってやる気が削がれることはありませんでした。むしろ真剣な人をみて刺激を受けることの方が多かったです。

    一言でいえば、社会人であれば生活面からCIPを、学生なら面倒見のいいスタッフのいるMMBSかなと思います。学習面では違わないと思っていいです。ただCIPにはネイティブいますので、それも希望するならCIPかな。

    この後、他の方の要望もあり、CIPとMMBSについて比較を書いてみますのでご参考に。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です