MMBSとCIPの違いについて – あるシニアの意見(4)

ショッピングや休日について比較してみます。

MMBSでは、基本的な考えとしては、勉強に来ているのだからずっと学校にいいて勉強しなさいということですから、ショッピングモールへ行くには勝手に行くことになります。つまり、自分でトライシクルを使って行き来する訳です。治安の問題からいろいろ注意するよう指導を受けます。

CIPでは、授業後や休日は自由に好きなところに行ってくださいとのことで、治安に関する注意もありません。また、ショッピングモールまで遠いことや、CIPのある町には歓楽街がある点も関係していると思いますが、毎週3カ所のショッピングモールに送迎バスが出ます。月曜日の定時後は比較的近くのちょっと小さいショッピングモール。木曜日の定時後はSMモール(MMBSのターラック市にもある)、土曜日の午後はSMモールと同程度の規模のMARQUEEモールというところに無料で行けます。
金曜日もSMモールに行くバスが出ますが、金曜日は連れて行ってくれるだけで迎えはありません。要は、歓楽街に行って週末を楽しむために利用するものです。もちろんSMモールに行くので、ゆっくり買い物して、帰りはトライシクルで自力で帰るということも可能です。
土曜日には「シティバンク」に寄ってくれるので、「シティバンク」のカードを持っておれば手数料が安く引き出せます。
この送迎バス、点呼される訳ではないので、歓楽街に行くときに使ってもいいし、通過するコリアンタウンで途中下車もできます。それ以外どこでも降りたければ言えばおろしてくれます。先生が帰るときに利用されることもあります。
トライシクルでいつでもどこでも行けるのですが、何となく日曜日に気分転換にウインドウショッピングするとき便利です。

休日は外を一人で歩いても特に問題はありません。ただし、日本とは違うので、日本ほど安全な訳ではありません。周辺は朝のジョギングしている人もいます。

月に1回程度、日帰りできるイベント、市内観光とか、隣の町の観光とかをやってくれます。一生懸命勉強すると当然ながら友達もあまりできませんから遊びにいきたくても行けないことになりがちですが、学校が案内してくれるイベントに申し込めば楽しめます。

MMBSでは学校内の案内は手厚いですが、休日や学校の外の行動には何のサポートもありません。といっても無責任という訳ではなく、誰が外に出ていて門限に帰っていなかなどはきっちり管理されています。

CIPでは、休日やショッピングに関するサポートもあります。出るときはIDカードを預けたりしますが、預けずに行ってもなにも言われることはありません。結構アバウトな管理だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です