衝動でiPhone5を注文した

私のモバイル関連の費用を考えてみた。

まずはドコモの携帯を持っている。通話の契約は基本料が最低の「SSプラン」、メールは出かけたときに主に家族の連絡にちょくちょく使うし、時刻表を見るのに使う。いろんなお店からメールが届くので、ほんのたまにですが広告をクリックすることもあるので、「パケホーダイダブル」に入っている。基本料は1800円ぐらいですが、多少通話するので、毎月2,000円ぐらいだ。

もうひとつは、eoモバイルというWi-Fiのルータを持っている。これは外でパソコンを使う場合にインターネット接続したいからであるが、自宅の光ファイバー契約を前提に、毎月2,500円払っている。

あわせて4,500円払っていることがわかった。であれば、ドコモの携帯とeoルータを解約すれば、ソフトバンクかAUとiPhone5の契約すればむしろ安くなると思った。

iPhoneが身近になり真剣に考えたら、今後のためには新たに2つのことを解決したいと思って来た。

1つ目は、そもそも通話もインターネットもたまにしかしないのに、そもそも毎月4,000円払うのはあほらしい。月額をもっと下げられないか。2つ目は、今後数ヶ月単位での海外滞在を考えているがその間は当然ながら日本では全く使わないとなるとなすますあほらしい。日本と海外で使うことを前提に導入したいということだ。

電力もそうだが、iPhoneや電話についても、世界中で日本だけ、非常に奇妙なことになっている。

まずiPhoneは、日本だけだが、「SIMロック」されていて、ソフトバンクならソフトバンクだけ、つまり日本だけしか使えないのだ。(費用に糸目をつけなければローミングという高い通信料を払えば海外でも使える)日本以外の国なら日本以外のどこの国のiPhoneでも使えるのだ、つまり日本のiPhoneは、日本だけしか使えないガラパゴスiPhoneなのだ。
また売られている日本のSIMカードは有効期限がとても短い。たとえば、フィリピンで6時間(約1,200円)のSIMカードを買えば、1年間有効である。仮に1年間に6時間だけ使う場合、年間の通信費用は、1,200円だけである。日本だと、約1,200円で使い放題だが有効期間が1ヶ月で程度なので、仮に1年間に6時間だけ使う場合でも、12ヶ月分、約14,400円の負担(12倍)が必要なのだ。
何度も書こう、このような理不尽なのは世界で日本だけなのだ。

いろいろ調べたら「DTI」という会社から月額450円(ただし150Kbpsと遅いが)のSIMが売られていることがわかった。これなら契約継続できそうである。電話の着信のためには電話番号が要るがそれは、「050plus」という契約(月額315円)をすれば電話番号が貰えるので着信できる。
つまり、

  • データ通信は、月額450円(DTI)でできる。ただし、速度は150Kbps。利用時間は無制限。
  • 通話(着信)は、月額315円(050plus)できる。
  • パソコンからは「テザリング機能」を使うことでルータとして使える。

うまくいけば、毎月765円、年間9,180円で通話もネットもできることになる。

うまくいかなかったら、海外でのみ使うスマホになるかもしれないが、その最悪でもあきらめがつく、というかそれも覚悟の上で、香港で売られているiPhone5を注文した。連休開けからの手配になるのが、15日には入手できそうだ。届いたらまたここでレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です