ミャンマーのほか東南アジアへの進出をサポートしています。 > 国別の話題 > 東ティモールの話題 > なぜ東側だけ東ティモールとして独立したのか?

なぜ東側だけ東ティモールとして独立したのか?

ティモール島は昔は一つの王国ではなく、多くの王国があったようです。そこにポルトガルが来て植民地にしました。その後、インドネシアを植民地にしていたオランダが西側を占領し、話し合いで、東西に分割されたそうです。もともと島全体が一つの国ではなかったので、元々一つの国が分割されたというより、多くの王国だっとところが西側と東側に分けられたという感じです。しかも東側だけが約400年もポルトガル領だったので、同じ島でも別の国となったのです。もともと別の王国なので、西側とは日常の言語も違います。おそらく民族も違います。

オランダ領だった西側はインドネシアの独立後、東側も独立をめざしましたが、一旦はインドネシア領になりました。長い間別の国の植民地だったことから、東側は独立したいとのことで独立運動が起こり、2002年に独立国になりました。住人のほとんどがキリスト教であること、ポルトガル人との混血が多いことなど、イスラム教が大半のインドネシアやオランダ色との違いが根本的な原因と思われます。