ミャンマーのほか東南アジアへの進出をサポートしています。 > 国別の話題 > ミャンマーの話題 > 虫除け対策は必要か(2012年9月更新)

虫除け対策は必要か(2012年9月現在)

現地のツアー会社から虫除けスプレーなど虫除け対策をすすめられました。東南アジアの虫は強烈で痛さももらう病気も深刻と効いたことがありますので、これは必須だなと思いました。

虫除けならキンチョウかアースと思ったが、キンチョウにはあまりなく、アースにあった。「サラテクト」だ。そういえば聞いたことのあるある名前だったので、なんとなく安心だ。

いくつか製品があるのでアースのホームページから問い合わせしてみた。結果、「サラテクト」がおすすめとのこと、スプレーやゼルタイプなどいろいろあるが効果はどれも同じだそうだ。

以下の4つを検討した結果、「ウオータージェルタイプ」と、ネットの情報だが服の上から刺されることもあると聞いたので、「服の上からサラテクト」没収されたときのために「おそとでノーマット」の3つを買うことにした。

なお問い合わせの際に、アースから2つの補足があった。
日本国内用で開発した商品なので、ミャンマーでの効果は未定とのこと。
飛行機に乗る際に毒物として没収されてしまうかもしれないとのことだ。特に「サラテクト」以外はほば間違いなく没収されるという意味の助言がありました。
手荷物の液体は没収されると思うので、かばんに入れてみることにした。結果は、帰国後に書きます。

追伸

上記をAMAZONで同時に買ったが「服の上からサラテクト」だけ別に送られてきた。その箱には、「航空機搭載厳禁」「陸上輸送専用貨物」と書いて あった。そうかあ毒物の意味でもなく、テロ対策でもない。飛行機は気圧変化が激しいので高圧ガスの入った物は危険なので搭載禁止になっているんだ。さらに 調べて分かったが、だまって入れてて、見つからなかって飛行機に積めたとして、もし爆発したらそのことに伴う損害賠償が求められるそうだ。こりゃだめだ。 AMAZONで買ってよかった。近所で買ったら分からずだまって入れて行ったかもしれない。あぶねえ。あぶねえ。

帰国後の感想

ねんのために毎日つけて行きましたが、虫がいるようなところはなかった。現地で聞いてみたら、ミャンマーでは山岳地域以外は命にかかわるような強烈な虫はいないそうです。つまり、虫よけは不要だと思いました。