ミャンマーのほか東南アジアへの進出をサポートしています。 > 国別の話題 > フィリピンの話題 > フィリピンはどんな国

 フィリピンはどんな国

Modified on 2013/12/21
Created on 2013/03/06

図書館でフィリピンについて書いてある本を立ち読みしたところ、フォリピンについてもっと知りたいと思うようになった。一番興味を持ったのは言語だ。なぜフィリピンは公用語が英語なのか、不思議だったことを思い出したことだ。

なぜ公用語が英語なのか

この話題についてきちんとした研究書を読んだ訳ではないが何となくわかった。フィリピンはスペインの植民地になるまで、各地に王様がいて統治していて統一された国家がなかったようだ。それは現在のフィリピンだけでなくボルネオ島を含めた一体で、それぞれ少数民族がいてそれぞれが何となく同じ土地で生活していた。古くから中国やベトナムと交易はあったようだが中国とかからの侵略がなかった。暖かい土地なので食料も困ることなくそれぞれが豊かに暮らしていたようだ。

統一された国家がなかったので、それぞれの少数民族間で言語の統一もなかったといことだ。現在、100近い言語があるらしい。国の言葉としてはフィリピン語で、公用語が英語だ。フィリピン語というのは、首都のマニラ付近の民族の「タガログ語」のようだ。ただし、この他タガログ語にはスペインの言葉、アメリカの言葉、各少数民族の言葉が混じって来ていて、元々のタガログ語とは異なって来た共通の言葉を「フィリピン語」と言うらしい。
少数民族は、自分たちの民族の言葉と、交流のある隣の民族の言葉と、共通語のフィリピン語と、公用語の英語の4つの習得が求められるらしい。これは大変だ。

ちなみに公用語としての英語は、スペインの後、アメリカが植民地とした後、多量の英語教師をフィリピンに送り込んで英語教育をしたことから英語がかなり定着したことが背景にあるようだ。

現在は4歳ぐらいから英語学習が義務づけられ、小学校からはフィリピンの歴史文化の学習以外は、授業そのものが英語で行われている。それでもペラペラの人は70%程度で、30%はブロークンの状態だそうだ。

その他興味深いこと

興味深い点を拾ってみた。

  • 国外の出稼ぎ労働者が、10%、1000万人も居るらしく、彼らの仕送りがフィリピン経済を支えているらしい。
  • ITなど理科系技術者が人気である
  • 親日らしい
  • クーデターなど不満がたまると民衆は政変をもたらす力となる。実際に何度も政変が起こっている。
  • 汚職がはびこり、反政府勢力の活動が悩み

マルコス大統領からアキノ大統領に変わったことから、アメリカに依存した国でなくフィリピンとしての独立した国作りを進めている。しかし、貧困層の問題の解決の方法が見つからず、再びアメリカに頼るべきか、独立した国づくりをすべきか大きな選択に迫られている。

なお日本人は第二次世界大戦の折り、フィリピンでフィリピン人に対してかなりひどいことをしたようです。どんなひどいことをしたのか、日本人は教育を受けてないので知りませんが、フィリピン人はみんな教育を受けて知っています。この話題になると知らない自分に恥ずかしくなります。それでも現代のフィリピン人は日本にあこがれを持ってくれています。

その他フィリピン情報

PASCOというサイト 永住を含めた長期滞在をサポートしてくれるサイト

http://www.pasco-ph.com/main/